産後の骨盤が歪む理由

産後の骨盤が歪む理由

妊娠をすると、骨盤内で赤ちゃんを育て、分娩時に産道を通りやすくするため、リラキシンというホルモンが分泌されます。
リラキシンは骨盤を開きやすくする働きをするので、産後に開いてしまった骨盤は、インナーマッスルの力などによって徐々に元に戻ろうとします。

しかし、産後から始まる育児によって通常よりも骨盤に負荷がかかってしまい、骨盤にズレが生じたり、骨盤が妊娠前の状態には戻らないということが起こってしまうのです。

産後の骨盤矯正は、いつからできる?

出産後、半年間を過ぎると効果を得るのが難しくなるともいわれています。
出産後半年は骨盤が柔らかく矯正がしやすいため、一般的な目安として出産後6ヶ月までといわれることが多いです。

半年を過ぎると矯正が受けられなくなるということではありません。
骨盤が徐々にかたまりだすので骨盤を正常に戻すのに時間がかかる場合もあります。
産後の体調がいいようであれば、当院では2ヶ月〜6ヶ月のあいだに矯正をすることをお勧めしています。ぜひご相談ください。

骨盤矯正とインナーマッスル

骨盤矯正とインナーマッスル

インナーマッスルは出産の度に10年衰えてしまうと言われています。
出産前からインナーマッスルを鍛えておけば産後の急激な身体の変化も起きにくくなります。

やまが中央整骨院は特殊な機械を導入し、インナーマッスルのトレーニングを行います。
EMSを15分で腹筋3000回・ランニング20分の効果が望めます。トレーニングをすることで筋力アップ、基礎代謝の改善ができます。
治療を始めるのに遅すぎることはありません。
適切なトレーニングで、筋肉はいつからでもつけることができます。

≪早期の治療をお勧めします!≫
知識がないために、骨盤を閉めることを面倒くさがってしまうのは大変危険です。
姿勢や身体の使い方の改善には時間がかかりますので、早期に治療を始めることをお勧めいたします。

お子様もご一緒にご来院ください♪

やまが中央整骨院では、お子様連れでも安心してご利用いただけるようにキッズルーム完備・無料託児を行っています。
無料託児所では、保育士が在籍していますので小さいお子様でも大丈夫です。

画像4
画像5

やまが中央整骨院の産後の骨盤矯正と施術法

STEP1

まずは、産後特有の歪みの早期改善を目指して、骨盤矯正に取り組みます。
歪みに対して矯正を行うだけではなく、歪みの原因部分に対しての筋肉の調整や、姿勢を改善するため、日常生活での過ごし方も指導を行っています。

次へ

STEP2

次に、「正しい骨盤の状態を維持する」ための治療を行います。
施術後に歪みが改善しても、今まで通りの身体の使い方をしてしまったり、定期的な施術が受けられなかったりすると、再び歪みが戻ってしまいます。
また、歪みが強い場合、腰や骨盤周りの筋肉も固くなっており、腰痛を訴えるケースも少なくありません。
やまが中央整骨院のでは、筋肉の調整と一緒にトムソンベット(骨盤矯正のできる特殊なベット)で骨盤の矯正を行って行きます。またEMSという機械を使い、骨盤を支える体幹の筋力も鍛えることで歪みが戻りにくくなります。

ここがPOINT!

〇 歪みの原因部分にアプローチし、効果を実感しやすい施術を行います。
〇 日常生活での姿勢改善をサポートし、正しい骨盤の状態を維持しやすくします。
〇 痛みに対しても、独自の療法でアプローチし緩和させていきます。
○ 妊娠中に筋力が落ちてしまったお腹の筋肉を最新のEMSを使い鍛えていきます。

価格

産後骨盤矯正1回 5,500円(税込)

産後骨盤矯正は1回施術でも効果を実感できます。

しかし身体は慣れていないこともあり、始めは数日で元の悪い状態に戻ってしまいます。

よっていい状態を身体に定着させるために、週2回3ヶ月のご来院をお勧めしています。