院長)野村 翔太(のむら しょうた)

院長)野村 翔太(のむら しょうた)

野球で肘を痛め、整骨院に通うことに・・・

私は小学校から高校まで野球をやっていました。この仕事を目指そうと思ったきっかけは高校1年生の時でした。その当時は練習も休みがなく朝から晩まで練習に明け暮れていました。
私はピッチャーをしていたのですが、それまでの無理もあり入学して数ヶ月後に肘を痛め投げれない時期がありました。その時は日常生活で箸を持つだけでも痛みがあり、もう野球はできないのかなと思いかなり落ち込んだことを今でも覚えています。

 

そんな時に、チームメイトから整骨院を紹介してもらい通い始めました。
その院では治療とテーピングなどをしていただき、また強化トレーニングや再発しないための投げ方の指導をしていただきました。そのおかげでしばらくして痛みが取れてボールが投げられるようになったのです。

整骨院の先生に助けられ、この道に進むことに・・・

「もう野球はできないのでは・・・」と絶望だった私を救ってくれた先生に、感謝の気持ちで一杯になりました。その時の感動が忘れられず、
自分のように痛みがありスポーツが満足にできない人や、日常生活で困っている方の力に少しでもなれたらなと思いこの仕事につくことを決意しました。

研修での挫折を乗り越え、開院

早く一人前の治療家になりたいと思い、学生時代から整骨院で研修をしていました。専門学校卒業後、国家試験に合格し、やる気に満ち溢れた治療家人生がスタートしました。しかし最初は患者様を施術しても痛みが取れなかったり、お恥ずかしい話ですが、逆に悪くしてしまったことさえありました。患者様に申し訳ないという気持ちになり、落ち込んだことも何度もありました。

しかし、もっともっと勉強して練習して患者様を治せるようになりたいと更に強く思うようになったのです。

そうして時期とご縁が重なり、開院する運びとなりました。

「患者様に喜んでもらいたい」一心で・・・

私は日々「患者様に喜んでもらいたい」「来た時よりも楽になって笑顔で帰っていただきたい」と思って施術をしています。
また患者様はもちろんですが、働いてくれているスタッフやその家族、関わってくださる全ての方が笑顔になって幸せな生活を送れるようにする事が私の使命でもあると思っています。
その為に今後も、もっと色々なことを学び、自分自身とスタッフが共に成長し皆様に還元していきたいと思っております。

得意な施術

・猫背矯正、骨盤矯正などの骨格調整
・腰痛、肩こり、頭痛などの慢性痛の改善
・ギックリ腰、寝違いの治療

副院長)本多 一貴(ほんだ かずき)

副院長)本多 一貴(ほんだ かずき)

スーパー店員から転職

学生の頃からアルバイトで商品を販売する仕事をしていました。そして食品スーパーで正社員として6年間勤務しました。

 
その仕事中、毎朝野菜を買いにこられるご高齢の方がいらっしゃって、その方が『最近膝が痛くて階段が降りられないんだよ』と時々話されるようになりました。

 
今まで商品を販売し
『この前もらった野菜美味しかったよ』
など私が販売した商品でお客様に喜んでいただいたのですが、自分が直接その方に何か提供出来る事はないかと考え始めました。

ある日仲良くしていただいているお客様にその話をすると『私の主人が整骨院してるから話をきいてみたら?』とご主人様とお話しする機会を作っていただき、感銘を受け食品スーパーを退社し今の道に進む決意をしました。

患者様からの言葉が自分の励みに

この仕事を通じて様々な方と接する機会が多くなり、痛みに悩まれてる方が
『治療してもらって、痛みがなくなったよ』
『昨日はしっかり寝れたよ』
『話を聞いてもらってスーッとした』
など私に関わった方達が何らかの悩みを解決された時は私の励みになります。

 

平成30年度より山鹿市立山鹿中学校の駅伝部にて外部コーチをしております。その中で学生さんに
『この前の試合、先生のおかげで痛み無くプレー出来ました』
『自己ベストのタイムが出ました』
など、その子の青春の1ページに関われている喜びもあり、治療にも熱が入ります。

 
学生さんだけでなく保護者の方にもおかげさまで!と声を掛けていただくと今の仕事をして良かったと思います。

得意な施術

・足首の捻挫、肉離れに対する早期回復
・猫背矯正

施術スタッフ)高田 匡志(たかだ まさし)

施術スタッフ)高田 匡志(たかだ まさし)

中学の時の大ケガをきっかけに・・・

小学生の頃から柔道をしていました。監督、コーチは整骨院で働かれている先生や柔道整復師の免許をお持ちの先生でした。よって練習中や試合でケガをした時などに素早く処置をしていただいていたのです。

そんな私ですが、中学二年生の時に膝の半月板を痛めてしまい、手術することになりました。術後に整骨院に通い、落ちてしまった筋肉のトレーニングやリハビリ、少しでも動きやすい様にとテーピングをしてもらったりたくさん助けてもらったのです。本当にあの時は整骨院に行って良かったと今でも思っています。

またそこで治療に来ている他の患者様が「歩ける様になったよ」「痛みが取れたよ」など、先生に対して感謝の言葉が聞こえてきました。私もこの先生のように、ケガをした子やお年寄りの方などの力になれたらと思いこの仕事を始める事にしました。

患者様としっかり向き合って施術を行なう

施術した患者様からの「ありがとう」や「楽になったよ」などの言葉は、私たち治療家にとって励みになります。

ただ患者様一人一人に親身になって話しを聞いたり、患者様と一緒に悪いところを治そうという気持ちが大切だと思うのです。自分一人ではうまくいかないことも患者様との何気ない会話の中にヒントがあったりすることが多いのです。患者様としっかり向き合い、そして寄り添って施術にあたる、これは私のとって譲れないところです。

レセプションスタッフ) 木庭 由香里(こば ゆかり)

レセプションスタッフ) 木庭 由香里(こば ゆかり)

「皆様のお悩み、不安などご相談ください。」

レセプションスタッフ) 村上 香織(むらかみ かおり)

レセプションスタッフ) 村上 香織(むらかみ かおり)

「元気な笑顔と挨拶でお出迎え致します!」

レセプションスタッフ) 主計 夕貴(かずえ ゆき)

レセプションスタッフ) 主計 夕貴(かずえ ゆき)

「皆様のお役に立てるよう全力でサポート致します!」